ふくふく堂

生きづらさを感じる人たちへの情報発信!毎日をもっと楽しく生きるための実践ブログ!

MENU

【過敏性腸症候群】腸を整え、負担をかけないことを心がけて

f:id:fukufukudo269:20201002221629j:plain

「まぁ、そうでしょうね。」という感じなんですが、長年の腹痛の原因は過敏性腸症候群でした。

 

あまりにも長い年月、腹痛と共に生きてきたので、もはや体の機能としてデフォルトなんじゃないかと錯覚していたのですが、「他の病気とかだったら困るな」と急に思い立ち循環器内科で診てもらいました。

 

今日は『過敏性腸症候群』について、病院に行き薬を飲んでみて、実際どうだったのかなど、書いていきたいと思います。

 

<もくじ>

 

 

 

 

過敏性腸症候群について

おそらく、お腹が弱い人が一度は検索したことがあるであろう『過敏性腸症候群』。過敏性腸炎とも呼ばれています。ストレス過多な現代、ご存じの方も多いでしょう。

 

こいつのやっかいなところは、原因がはっきりわからないところ。腸に腫瘍や炎症といったものが見られないのに、腹痛に加え便秘や下痢が続きます。ストレスや食生活が原因とされているようです。

 

これには「便秘型」「下痢型」「混合型(便秘と下痢を繰り返す)」という種類があり、人によって症状や、痛みの強さが異なります。

(※私が行った病院では上記3種類についての説明が主でしたが、「分類不能型」と呼ばれる種類もあるみたいです。)

 

過敏性腸症候群の特徴として、

「電車などのトイレに行けないシチュエーションでお腹がいたくなる」

「排便後は腹痛が収まることが多い」

などがあげられます。

 

「なんとなく調子が悪い」に働きかける
カラダがよろこぶ enherbのハーブティー

 

ただの腹痛と言えども、つらい・・・

私は完全に「下痢型」です。そもそも、お腹が痛くなくても日々の排便が下痢で、プラス一日一回はお腹が痛くなります。そして、例のごとく「電車に乗ると急にお腹が痛くなる」という典型的なタイプです。

 

意識しすぎ・気持ちの問題、と言われたこともあるのですが、これが「とても気分がよくて腹痛のことなんか忘れてた!」という時にも、電車に乗ったとたんゴロゴロしだすんですよね~。

 

 

 

そして一度痛くなるともうパニックです。

 

「漏らしたらどうしよう・・・」と頭の中はぐるぐるし始め、緊張で心臓はバクバクし、息が浅くなり、手が冷たくなる中、何度も繰り返し押し寄せる腹痛と戦いながら、お腹に意識を集中させまいと遠くを眺めてみたり他のことを考えてみたりと、とにかく必死。それを表面上は平静を装って戦っています(笑)

 

外で粗相をしたことは今のところありません。失敗した経験がないのに、なぜか何度も不安に襲われてしまうんです。不思議ですよね。

 

なので、出かける時は結構時間がかかります。一度トイレを済ませて家を出ても、不安感で「なんかお腹痛いかも・・・」とまた家に戻ったりします。

 

f:id:fukufukudo269:20201002222325j:plain

 

そんな訳で、基本電車には乗りません。車もあまり得意ではないですが、最悪コンビニやスーパーに寄ることができるので、だいぶマシです。

 

山登りなど、行ってみたいけど勇気がでないものもあります。おそらくこの先乗ることは無いだろうと思われるのは、観覧車ですかね。“一周15分の巨大観覧車”なんて全力で拒否します(笑)

 

痛みについても触れておくと、私は決まって左腹部が痛くなります。差し込むような、ねじれるような痛みを伴います。トイレでもうなったり「痛い痛い」と口に出してしまうくらい痛いです。

 

そんな明らかにおかしい状態なのにも関わらず、恐ろしいことに人間というのは慣れてくるのです。段々、腹痛が普通のことになっていまして、それが長年放置していた理由です。

 

 

 

 

ストレスフリーなのにお腹だけは痛い

まず、なんで急に病院に行こうと思ったかというと、今人生で最もストレスフリーな生活をしているのにも関わらず、症状が改善されなかったからです。

 

営業マンとして社会に出てから(よく営業車乗れてたな)、常に過度なストレスがかかる職場にいたので、働いている間は「腹痛になるのも致し方ない」と思っていました。

 

しかし今年の初めに仕事をやめ、誰に気兼ねすることもなくフリーダムな生活を送っているのに改善は見られなかったので、一応他の病気ではないことを確認しておこうと思い病院に行ったという訳です。

 

※ちなみに原因として「食べすぎ」は考えにくいです。元々量は食べない方だし、腹痛のせいで脂っこいものが苦手になってしまい、滅多に満腹まで食べることをしないので・・・。

 

 

 

病院に行ってみて

案の定『過敏性腸症候群』と正式に診断されたわけなんですが、薬を処方して頂き、この2週間ほど経過をみた感想としては、良くなったような気がしないでもない・・・正直そんなあいまいな感じです。原因自体が曖昧なのでピタッと治ることもないのでしょう。

 

私が処方された薬は2種類。

・イリボー・・・腸の働きを整、下痢や腹痛を改善する

ツムラ芍薬甘草湯エキス・・・急激な筋肉のケイレンを伴う痛みを抑える

 

ツムラ芍薬甘草湯エキスは薬ではなく漢方で、排便後も腹痛がおさまらないようなときに最終手段で飲むようにと、お守りとしてくれました。

そもそも、排便の時にお腹が痛くなるのはそんなに不思議なことではないそうです。ぜん動運動で腸が収縮している証拠なので、ヘタに薬ばかり飲んで動きを悪くしてしまうのはよくないのだとか。

 

結局病院に行っても原因はわからず、「薬を飲んで完治した!」という訳でもないのですが、他の大きな病気でなくてよかったと思っています。

 

 

 

 

腸を整える・負担をかけない

これを機に、意識し始めたことがあります。

 

それは今まで以上に良く噛んで食べること。特別食べるのが早いわけではありませんが、1人で食事をすることの方が多いのでちゃちゃっと済ませることもしばしば。胃腸が弱いなら、それに合わせてもっとペースを落としてあげてもいいかなと思いました。

 

あとは、引き続きなるべくストレスフリーな生活を心がけ、適度な運動と、バランスの良い食事をして腸を整える・・・結果、当たり前のことなんですが、改めてしっかりと意識して、いつか治る日が来たらいいなと思っております。

 

f:id:fukufukudo269:20201002221921j:plain

 

腹痛や下痢は普通の人でもよくある症状なので、私のように放置している方も多いと思います。過敏性腸症候群の場合、病院に行ったら治るというもんでもないですが、やはり「他の病気ではないことを確認しておく」という意味でも、一度受診されることをお勧めします。

スポンサーリンク