ふくふく堂

生きづらさを感じる人たちへの情報発信!毎日をもっと楽しく生きるための実践ブログ!

MENU

【HSP】【おすすめの本】『敏感な人や内向的な人がラクに生きるヒント』を読んで

f:id:fukufukudo269:20201230170346j:plain

先日、asaasa2134さんがブログで紹介されていたメンタル系の本の中で、特に気になった、『敏感な人や内向的な人がラクに生きるヒント』という本を読んでみました。

 

ブログの中で紹介されていた「人が最も傷つきやすい時間帯は朝で、敏感な人や内向的な人は、ニュースを朝にチェックするのはよくない」というお話がとても衝撃的だったので、他のヒントも気になりまして。

 

 

☟この本を紹介しているasaasa2134さんのブログはこちら☟

hirune23.hatenablog.com

 

 

とても興味深く、読みやすい本でした。今日は印象的だった部分を中心に、自分が感じたことなども交えてご紹介いたします。

 

<もくじ>

 

 

体験談やエピソードが多く、共感しやすい本

こちらの本は、題名の通り”ラクに生きるヒント”が具体的に書かれています。

 

冒頭でも触れましたが、私的に読みやすいと感じました。

 

更に本の著者が、牧師の経験がある心理療法士だからなのか、翻訳のセンスがいいのかわかりませんが、偉そうな感じや押しつけがましい雰囲気はなく、すーっと入ってくる気がしました。

 

これらは、科学的根拠に基づいたお話だけでなく、著者自身の経験談や、牧師・心理療法士として見聞きしてきた多くの方々のエピソードがふんだんに紹介されているからだと思います。

 

実体験からくるエピソードであるからこそ、「ああ~わかる~!」と思えるものやヒントとして説得力のあるものも多く、とても勉強になりました。

 

 

 

特に印象的だったヒント「自分に正直な選択をする」

たくさんのヒントの中で印象的だったのが「自分に正直な選択をする」という章です。

 

人に気を使い過ぎ、行きたくない誘いを断れずに参加し疲弊してしまう・・・というようなことをやってしまいがちな敏感な人・内向的な人。

 

この章には、自分の気持ちや意見をきっぱりと伝えることを習慣にするためのヒントがまとめられています。

 

《自分に正直な選択をするための6つのポイント》

  1. 他人の目を気にしない
  2. 自分とは違う人間を演じようとしない
  3. 罪悪感に心を支配されないようにする
  4. 自分自身の価値観に従う
  5. 相手とは違う意見でも恐れずに言う
  6. 思い切って自分の要求を堂々と伝える

 

 

これらを字面だけで見ると、「それができたら苦労しないよ~」と思うかもしれませんが、著者自身や経験者のエピソードや、実践することで何はよくなり、どんなポイントを意識すると良いのかなど、ひとうひとつに丁寧な解説があります。

 

そのため、読み進めてみると素直に納得でき、自分にも取り入れてみよう!と思えました。

 

 

 

大事にしたい『自分自身の価値観に従う』という姿勢

この章の6つのポイントは、どれも私の心に響きましたが、中でも「4.自分自身の価値観に従う」というのは、私自身が今年HSP (Highly Sensitive Person=敏感すぎる気質の人) についての知識を深めるにしたがって、たどり着いたポイントでもあったので、非常に納得のいく部分でした。

 

自分の価値を知り、それを基に人生をどう生きたいかを明確にするのは大事なことです。

ー中略ー

自分にとって何が大事か、”大事なことリスト”として紙に書き留めておくとよいかもしれません。できればそれらの優先順位も書きましょう。

自分の価値観に従って選択したことで、他の人から失望されるようなことがあったとして、そのリストを見ることで、自分の意志の力をより強固なものへと変えられるでしょう。

     『敏感な人や内向的な人がラクに生きるヒント』より引用

 

今年は自分がHSPであることを知り、その勉強をする過程で「自分の心の声を聞いて行動すること」を意識するようになりました。

 

これにより、今までの人生で埋もれ続けわからなくなっていた、「自分らしさ」や「欲求」が以前よりもわかるようになってきました。

 

具体的にあげると、自分が何が好きで、今一番何をしたくて、どっちを選んだら自分を喜ばすことができ、心地よく過ごすことができるか、というようなことがクリアになってきたのです。

 

すると、段々と人の評価をそれほど気にしなくなり、気分が乗らない誘いを断ることができ、それに対して思い悩むこともぐっと少なくなりました。

 

今現在、幸福なことに、自分にとってベストな環境が整っているという影響も大いにありますが、これらの変化によって、これまでの人生の中で最も有意義に毎日を過ごせているといっても過言ではないほどです。

 

 

敏感な人や内向的な人がラクに生きるヒント

新品価格
¥1,568から
(2020/12/30 17:21時点)

 

 

さて、本の内容に話を戻し、『自分に正直な選択をする』の章で挙げられていた6つのポイントをもう一度見てみましょう。

 

私の場合、「4.自分自身の価値観に従う」ことを意識したことで、他の項目も少しずつクリアできています。

 

このことから考えても、著者が述べているように、自分の価値観を明確にしておくことはとても重要だとわかります。

 

結局何を決めるにしても、基準となるものが必要になるわけなので、今、自身が敏感であることや内向的であることに悩んでいる方は、「価値観を明確にする」ことに多くの時間をかけるのがいいのではないかと思いました。

 

それは、長い間自分のことを後回しにして生きてきた人にとって、一日や一週間といったスパンでわかるようなものではないと思います。

 

私は今年、自分と向き合うのに充分な時間があったため、気づきや変化が大きかったですが、進みがゆっくりで自分で変化に気づけない方もいるかもしれません。

 

それでも、じっくりと自分のことを知っていってほしいなと思います。

 

自分のことがわかり始めると、不思議と、ずっと空虚だった部分が埋まっていくような感覚があります。

 

 

 

最後に

最近本屋さんで、HSPに関するコーナーが設けられているのをよく見かけます。

 

HSPに関するブログを書いている身としては、読んでおくべきだよなぁ」と思いつつも、ここ最近新しい本には手を出せずにいました。

 

お財布との兼ね合いもあるので手あたりしだい買う訳にもいかないし、勢いよく勉強し過ぎてちょっと疲れたってのもあるし・・・

 

何より一度は見たことがある著名な本たちから、「そこのアナタ!HSPなら読んで当然よ!」という圧を感じてしまう・・・(;'∀')←←←※妄想です(笑)それらの本に罪はありませんが、そんなこと考えちゃって、自分で自分にプレッシャーかけていくスタイルなのがHSP(笑)

 

そんな中、Amazonプライム会員は無料で読め、しかもさらっとしたアプローチの、良い本を手に取ることができました。

 

Prime Video

新品価格
¥0から
(2020/12/30 17:31時点)

そして、同じジャンルの本を読んでも、毎回新たな発見があるのも楽しいですね。

 

今回も勉強になりましたし、自身の新たな一面を知ることもできたので、とても満足です。

 

気になった方は是非読んでみてください!

スポンサーリンク