ふくふく堂

生きづらさを感じる人たちへの情報発信!毎日をもっと楽しく生きるための実践ブログ!

MENU

【納豆】納豆とキムチとチーズ、それから韓国のり

f:id:fukufukudo269:20200715140316j:plain

今週のお題「納豆」

 

「今日はガッツリご飯が食べたい」と思った日に思い浮かぶのは、何も肉だけではない。

 

クセのある納豆に、更にクセのあるキムチとチーズを混ぜる。それを韓国のりで巻いて食べるのだ。

 

 

確か、母が昔、そうやって食べていたんだったと思う。

 

躾に厳しい母が、ひとつの茶碗に何やらてんこ盛りに乗せてきて、ねちゃねちゃと混ぜて食べているのを見て、驚いたのだった。

 

「何それ!?美味しいの?」と聞く私に、

 

「だって、全部発酵食品だもん」とひょうひょうと答える母。

 

そんな食べ合わせはしたことがなかったため、「発酵食品なのはわかるが、それが美味しい理由になるか?」と思った。

 

母の思い付きメニューだったのか、誰かに聞いたのを試していたのだったかは覚えていないが、母の中で流行ったようで毎日のように食べていた。

 

そして私も、発酵食品のコラボレーションにハマったのだった。

 

 

 

まず、ホカホカのご飯をよそう。

 

そこへチーズをちぎって入れておく。お手頃なベビーチーズで構わないが、「アーモンド入り」のものがおすすめ。

 

納豆は、ひきわりではなく粒のものがいい。

 

そして、キムチは白菜のもので、きっちり辛いのがお気に入り。

 

 

 

それらを混ぜる。

 

ベースは納豆ご飯であるから、よく混ぜたくなるところだが、そんなに一生懸命混ぜなくてもいい。

 

場所によって味に変化があるのもいいだろう。

 

 

 

そしたら、のりでご飯を食べる時の要領で、韓国のりを箸で一枚掴み、それらを巻き取る。

 

韓国のりが巻き取る過程で崩れてしまったら、そのまま口へかきこんでしまってもいい。

 

ほくほくとした豆の食感に、キムチのシャキシャキという歯ごたえとピリッとした辛さ、

 

ごはんの温かさで少し柔らかくなったチーズのまろやかさに、その奥に感じられるアーモンドの香ばしさ、

 

更に、韓国のりのごま油と適度な塩加減。

 

 

一度にいろんなものを口の中に入れているのにも関わらず、そこには急にまとまりがでる。

 

そして、口いっぱいに頬張っている時間は、至福のひと時。

 

ガッツリ食べたい日は、おかわり確定である。

 

夏バテなどで食欲が湧かない日も、想像しただけで「食べようかな」という気になってくる。

 

 

 

そんなことを書いていたら、無性に食べたくなってきたのだが、韓国のりを切らしている。

 

悔やまれるが、韓国のりなしでもかなり美味しいので、今回は良しとするか。

スポンサーリンク